人事担当者としてお薦めの取り組み

働き方改革の真っ只中、人事担当者がやるべきことは多岐にわたります。

そんな中で、お薦めの取り組みは下記の通りとなります。

・正社員登用

・人材育成の仕組み作り

・ワークライフバランス

・働きやすい職場環境形成

・育メン支援

・介護離職防止

・シニアの活躍

・同一労働同一賃金

 

いずれも政府が後押ししている内容となります。

そう、助成金を活用しやすい取り組みになるのです!

助成金は返済不要なので、要件に該当する取り組みであれば、企業経営に大きなメリットとなります。

 

少子高齢化はますます進行し、その対策は待ったなしです。

私は「女性・高年齢者の活躍」「社会保険の適用拡大」「最低賃金の引き上げ」が特にポイントになると考えています。

早かれ遅かれ、どの規模の企業であっても対応すべき課題となります。

そうであるならば、少し早い取り組みをして、企業アピールと助成金活用につなげてはいかがでしょうか。

投稿を作成しました 113

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る