人事評価制度は導入すべき時期は

結論から言うと、社長次第です。

残念ながら、人事担当者がいくら必要に感じていても、社長も同じ考えでなければ導入は避けるべきです。

社長の考えを飛び越えて導入しても、運用はうまくいきません。

ルールを作れば良い、といった話ではないからです。

 

私の感覚から言うと、100人までは社長の目が全社員に届きます。

そのうちは、社長が鉛筆を舐めて全社員を評価したほうがうまくいきます。

 

当然、評価される側(社員)にとっては納得しないケースもありますが、それは仕方のないことです。

そもそも人事評価自体、全社員に納得されることはありません。

それでも人事評価制度を導入し、部長による評価する目が分散されるより、社長独りの目で評価するほうが公平性は保たれます。

社長の好きだ嫌いだが反映されるかもしれませんが、それでも基準が1つになるからです。

 

人事評価制度は、あれば良いといったものではありません。

残念ながら、多くの企業でうまく運用できていないのが現状です。

当然です。私は永遠のテーマと感じていますが、人が人を正しく評価することはできないのです。

 

では、人事評価制度は不要なのかといったら、そんなことはありません。

正しく評価できなくても、何らかの形で評価自体はしなくてはなりません。

つまり社長が必要と考えた時が、人事評価制度を導入すべき時期なのです。

投稿を作成しました 117

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る