営業時に心掛けていたこと

私は新卒で入社した会社で、約11年間、営業職に従事していました。

決して営業を希望していたのではなく、学生時代に全く勉強しておらず、営業くらいでしか採用してくれないのではないか、といったネガティブな理由になります。

 

ただ、正直、相当悩みました。

顧客に対して、うまく話せないのです。もっと言うと、マシンガントークが全くできないのです。

話術で相手を納得させることができない=当時、営業としては落ちこぼれと思っていました。

 

ただし、私は営業として売上だけは伸ばすことができていました。

なぜか?

実際に心掛けていたのは、以下の2つだけです。

 

■絶対にウソをつかないこと

当たり前の事ですが、営業としては売りたいあまり、あることないこと言いがちになるものです。

そんな中、私がある方に言われた言葉です。

「落合さんの話には華がない。だけど、ウソがないのも分かる。だから、『自信をもってお薦めできる』との言葉を信用できる」と。

本当に救われました。私の営業スタイルはこれだと確信しました。

 

■訪問時は宿題をもらうこと

マシンガントークができない私は、その場の1回限りでモノを売ることができません。

その分、会う回数を重ねて信頼を勝ち取る必要があります。

そのために顧客訪問時は、いかに次の訪問約束をするかを意識していました。

それには理由が必要であり、宿題をもらうことは最適です。

時間はかかりますが、実はモノを売るために一番大切な要素になります。

(単発でなく)顧客と長く付き合うには、そのような取り組みこそが大事になるのです。

投稿を作成しました 117

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る