長時間残業抑制のポイント

長時間残業を抑制するためには、いくつかのポイントがあります。

主だったものは、以下のような感じでしょうか。

・明確な時間管理をし、業務の棚卸をする(適切に配分する)

・申請制にし、残業の必要性を上司の判断に委ねる

・特定の曜日をノー残業デーに設定する

 

上記に加え、私のお薦めは「To do(やること) のスケジュール共有化」です。

通常、スケジュールの共有は外出、来客、会議といった離席の予定が多いと思うのですが、To doも共有化するのです。

昨今はクラウドで容易に共有できます。

(ざっくりと、このような感じです)

=====

●月●日(●)

10:00~12:00 xx会議用資料作成

13:00~16:00 yy会社プレゼン用資料作成

17:00~19:00 zz販促ミーティング出席

=====

 

To doといえば日報で共有している会社もありますし、それはそれで良いのですが、日報は事後報告なので今回のテーマである残業抑制にはなりません。

To doで共有することで、部下は上司に報告や申請をする必要がありませんし、上司も部下のTo doで業務量が把握でき、必要かどうか判断できます。

私の経験上でも、かなり有効であると感じています。

 

テレワーク時は、さらに効果的です。

上司は「部下が何をやっているか把握できない」として、日常的なミーティングが推奨されていますが、To doを把握することにより、その成果物で進捗も確認できるようになります。

 

長時間残業の抑制はもちろん、適切な人事評価にも有用な対策であると考えています。

投稿を作成しました 117

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る