あるべき美容師像について

私は新卒から10年強もの間、美容業界で働いていました。

メーカーの営業職として、多くの美容室を訪問し、多くの美容師と接してきました。

 

当時から言われていた、できる美容師の定義です。

『しっかり仕事をし、しっかり練習をし、しっかり遊ぶ』ことです。

仕事もする練習もする、そして、それから遊びにも行くのです。

美容師なので、遊ぶことも感性を磨くための一環で必要なことなのです。

 

私が在籍していたのは、もう15年以上前になります。

当時の美容師は非常にパワフルでした。

時代背景もあったと思いますが、それにしても皆が美容師道に邁進していたと思います。

「この仕事が本当に好きなんだな」と思っていたものです。

 

時代が変わり、ITだのAIだのの時代になりましたが、私は美容師の本質は変わっていないと思います。

ヘアデザインにITもAIも関係ないからです。

美容師は、常に己の技術で勝負しています。

そのために、常に己の技術を磨いています。

 

働き方改革もあり、長時間労働が問題視されていますが、私は美容師の技術向上のためには、ある程度の残業は必須であると考えています。

とても営業時間にはできないからです。

当然、過重労働は問題となりますが、残業=ただちに悪であるわけではなく、美容師にとって必要な残業はあると感じています。

私は美容業界を知っている社会保険労務士として、そのために適切な労務管理を提案していきたいと思っています。

投稿を作成しました 117

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る