契約書締結の効率化

人事担当者も「雇用契約書」や「秘密保持契約書」をはじめとする契約書を取り扱う機会は多いと思います。

未だ書面で締結しているケースも多いのではないでしょうか。

 

そこで1つ、ご提案があります。

オンラインで契約を締結できるサービス(クラウド型電子契約)を検討されてはいかがでしょうか。

「紙」や「印鑑」は不要になります。当然、このための出社も不要になります。

送って、送り返してもらうための手間や費用もかかりません。

当然ですが、電子署名+タイムスタンプ機能があるので、締結後の変更(改ざん)はできません。

進捗状況・保管・検索等々、契約書の管理も効率化できます。

 

また、相手方に関しても、メールアドレスだけあればOKです。特別に何かを準備する必要はありません。

相手方にとってもメリットしかないと思います。

オンラインでの契約締結をやったことが無い場合であっても、私の経験上、それを理由に断られたことはありません。

 

ちなみに業務委託や請負のような契約では、印紙も不要となります。

契約内容によっては印紙代も相当な金額になるはずなので、これも大きなメリットになりますよね。

 

今後は間違いなくオンラインでの契約締結が一般化すると思います。

件数や機能は制限されますが、フリープランのあるサービスもあります。

私はメリットしか無いと思っています。

是非、ご検討ください。

※ナニかの回し者ではないので、特定のサービスをお薦めするものではありません

投稿を作成しました 117

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る