本来の就業規則とは

常時10人以上の社員を雇用する会社は、就業規則を作成し、労働基準監督署に届け出る必要があります。

ただ、今回は法律上の話でなく、会社にとって就業規則を作成する意義に関して、私案を提起したいと思います。

 

私は「就業規則とは、会社を守る唯一の武器」であると考えています。

社員を守る法律は多々あります。

一方で、会社を守る法律は無いのです。

そのために社員数に関わらず、就業規則は絶対に作成すべきものであります。

ただし、会社を守るためにあらゆるルールを規定すべきかというと、それは少し違います。

ルールは必要ですが、がんじがらめにすれば良いというわけではありません。

 

もっと言うと、就業規則は会社から社員へのメッセージです。

会社の想いを伝える最良の手段であると思われます。

 

今の就業規則は、文字ばかり並んで、社員にとっては決して読みたいとは思えない内容になっています。

会社の想いが書いてあるものでもありません。

 

私は就業規則を見開きにして、左のページはルール、右のページは想いを記載する就業規則をお薦めしています。

ダメダメ一辺倒の内容でなく、分かりやすい解説として右ページに、

「なぜ、このようなルールを設けたのか」

「このルールにはこのような意味(目的)がある」

「社員にはこうあってほしい」 等々を社員に訴求するのです。

 

労働人口減少の局面に入り、就業規則のあり方を見直す時期にきているかもしれません。

投稿を作成しました 97

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る