人事評価制度構築のために大切なこと

新たな人事評価制度を構築する上で、絶対に外せないのはトップの意向であることです。

いくら人事部が必要性を感じていても、トップの意向とズレがあるのであれば、なかなかうまくいきません。

つまり、トップが「新たな人事評価制度が必要」と考えた時が、理想のタイミングになります。

 

また、人事評価制度を構築する上で、その目的を確認する必要があります。

よく「評価の公平性」とか「モチベーションの向上」とか「人材の育成」などの目的が見受けられます。

確かにいずれも必要な要素ですよね。

 

ただ、私は最大の目的として、「会社の業績目標の達成」であると考えています。

会社の業績目標を達成するための1つの手段として、人事評価制度があるのです。

 

そう考えた場合、会社の業績目標を考慮せず、人事評価制度を構築することはできなくなります。

経営計画と人事評価制度を連動させることにより、会社の業績目標の達成を目指すようになるからです。

そもそも経営計画が明確でないと、人事評価制度を構築することはできないはずなのです。

 

「経営計画と人事評価制度を活用することにより会社の業績を上げ、結果として社員の生活を豊かにする」ことこそが最大の目的であると考えています。

投稿を作成しました 113

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る