ギブアップと責任感

日本人は生真面目な方が多く、任された仕事はしっかりとこなします。

たとえ困難な仕事であっても、まず諦めません。何とかして、やり遂げようとします。

本当に素晴らしい気質、気構えだと思います。

 

ただし、実際の仕事では、どうしても達成できないこともあり得ます。

本人の努力でどうにもならないケースは、いくらでもあるからです。

 

その時、皆さんはどう対応されるでしょうか?

「とにかく、限界まではひたすら頑張り続ける」といった方もいるでしょう。

確かにありがちです。

 

残念ながら、その考えは危険だと感じます。

結果的にできないのです。

限界まで頑張るということは、限界直前まで引っ張って、やっぱりできなくて、ギリギリになって投げ出すということです。

それが本当に責任感のある行動なのでしょうか?

 

どうにもならない時点で相談されても、上長だって何もできません。

本人としては、限界まで頑張ることが責任感だと思っているかもしれませんが、実際はそうではありません。

できないことはできないこととして、手前で(余裕のある時に)ギブアップすることこそが本当の責任感なのです。

 

ギブアップ=NGではないのです。

投稿を作成しました 109

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る