「残業時間を減らしたい」を実施するために

働き方改革の一環として、時間外労働の上限規制が適用となっています。

令和6年4月には今まで猶予されていた業種(建設業等)にも適用されることになりました。

 

そのような状況もあってか、「残業時間を減らしたい」との相談を受けることが多々あります。

ただ、実際に状況を確認してみると、そもそもどの程度の残業があるのか、会社が把握していないケースもあります。

残業が多いことは確かなのですが、単に「多い」ことしか分かっていないのです。

それでは何をどうして良いかも分からないですよね…

 

残業を減らすには基本的に下記の対応しかないと考えています。

・人を増やす

・無駄を減らす

・効率を上げる

 

人手不足で新たな採用が難しい、これ以上に人件費を増やせないのであれば、無駄を減らして作業効率を上げていくしかありません。

そのために必要なことは、やはり「管理」となります。

・勤務時間の管理

・スケジュールの管理

「管理」「管理」とイヤな表現ですが、これらの正確な把握が残業を確実に減らすための第一歩となるのです。

 

まずは、勤務時間とスケジュールの【タイムリーな管理】を実施してみてください。

自ずと対策が見えてくるはずです。

逆に言うと、これらの管理ができない以上、効果的な対策は難しいのではないでしょうか。

投稿を作成しました 109

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る