失業手当と年金の関係

失業手当と年金って、同時にもらえるのでしょうか?

※分かりやすく「失業手当」「年金」としていますが、正式には「求職者給付の基本手当(雇用保険)」と「老齢年金(国民年金・厚生年金)」になります

 

<受給要件>

【失業手当】 働ける(働きたい)けど、仕事が無い場合

【年金】 仕事を引退した場合

 

そう!上記の通り、失業手当と年金の支給目的は相反しています。

そのため、同時にもらえることはありません。

 

と~思いきや、実は年齢によるのです。

65歳までならどちらか一方が支給され、65歳以降は両方が支給されます。

「じゃ、65歳以降に会社を辞めるか」とすると、失業手当が一時金(30日か50日)になってしまうのです。

「じゃ、65歳の少し前で退職するか」とすると、会社から支給される退職金に影響する場合もあります。

 

今回はざっくりと書きましたが、実際はそれ以外にも色々なケースがあります。

特に年金は複雑なので、私もよく分かりません(申し訳ありません…)。

定年に近い方は、年金事務所に相談されることをお薦めします。

それまでの納付実績により、年金の受給額をシミュレーションしてくれるはずです。

年金は終身で受給できるため、まずは年金を最優先に検討すべきと思うからです。

 

ただ、私としてはシンプルに「働けるうちは働く」が正解だと思うのですがね。

投稿を作成しました 113

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る